トップ > 遺言 > 遺言において法律上の効力として認められるもの

遺言

遺言において法律上の効力として認められるもの

身分上の行為
  • 子の認知
  • 未成年者の後見人の指定
  • 未成年者の後見監督人の指定
相続に関する事項
  • 推定相続人の廃除またはその取り消し
  • 相続分の指定または指定の委託
  • 特別受益者の持ち戻しの免除
  • 遺産分割方法の指定または指定の委託
  • 遺産分割の禁止
  • 相続人相互の担保責任の指定
  • 遺言執行者の指定または指定の委託
  • 遺留分減殺方法の指定
財産処分に関する事項
  • 遺贈
  • 一般財団法人設立の意思表示
  • 信託の設定

上記の行為以外の遺言は法律的な効力はありませんが,付言事項として相続人などに対するお気持ちを付け加えることはできます。

ページの先頭へ