トップ > 遺言 > 遺言の種類

遺言

遺言の種類

遺言には,自筆証書遺言と公正証書遺言,秘密証書遺言という方法があり,この3つが普通方式による遺言といわれています。この他にも死亡の危急が迫った人の遺言形式などがあります。

自筆証書遺言・・・・・
本人による直筆で全文,日付を書き署名捺印をして作成する方法
公正証書遺言・・・・・
公証人に遺言の作成と保管をしてもらう方法
秘密証書遺言・・・・・
自分で作成した遺言に封印をして公証人に保管してもらう方法
方法
  • メリット
デメリット
自筆証書遺言
  • いつでも一人で作成できる。
  • 費用がかからない
  • 内容も存在も秘密にすることができる
  • 手書きでないと無効になる。
  • 紛失の可能性がある
  • 偽造・変造の恐れがある
  • 要件不備である可能性がある
  • 執行には検認が必要となり時間がかかる
公正証書遺言
  • 要件不備がない
  • 紛失や偽造の危険がない
  • 検認が不要で,すぐ執行できる
  • 公証人と証人が2人必要で,費用がかかる
  • 公証人と証人に内容を知られる
秘密証書遺言
  • 内容は秘密にできる
  • 紛失や偽造の危険がない
  • 代筆やワープロ,点字でも可能
  • 要件不備である可能性がある
  • 公証人と証人が2人必要で,費用がかかる
  • 公証人と証人に内容を知られる

このように遺言には,種類がありそれぞれメリットとデメリットといえる部分がありますが,確実にご自身の意思を遺言に残すのであれば公正証書遺言を利用することをお勧めします。

ページの先頭へ