トップ > 遺言 > 公正証書遺言作成までの流れ

遺言

公正証書遺言作成までの流れ

お問い合わせ・ご相談
遺言に関するご相談は電話もしくはメールにてお問い合わせください。必要な手続きに関してのご説明をさせていただきます。
お申込み
手続きや費用に関して充分にご納得いただけた場合には,契約をして着手することになります。
収集・調査
詳細な権利関係を把握して必要になる書類を収集していきます。お客様に用意していただく書類や法務局などに徴求する書類があります。
金融機関から抹消登記書類一式を受け取る
ご捺印いただく必要がある書類はご来所もしくはご郵送によって取交しをします。添付書類などの準備もできたら申請手続に入ります。
証人の手配
公正証書遺言には内容を証明するために証人が2人必要になります。(証人になれる条件がありますので事前にご確認いたします。)
公証人役場と証人と日程の調整
証人となる方の日程も踏まえ公証役場に行く日程を調整します。公証人や証人との日程調整は当事務所で承りますのでご安心ください。
公証人役場に書類提出
事前に準備した書類を持って本人さまが公証役場に行き遺言の作成手続きをする。費用はかかりますが自宅まで公証人に来てもらうことも可能です。
公証人による内容の確認・完成
公証人による読み聞かせなどの方法により内容を確認し,正確であると認められた場合には遺言者,証人,公証人が署名・捺印し完成する。原本は公証役場で保管され,正本と謄本が遺言者に返されます。

基本的には上記のような流れで手続が進みます。当事務所にご依頼いただいた場合には,ご本人様で取り寄せていただく必要のある書面の手配などを除き,すべてサポートいたしますので,お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ