トップ > 贈与登記 > 贈与とは

相続登記

贈与とは

相続とは

贈与とは,自己の財産を無償で相手方に与える意思表示し相手方がそれに承諾することによって成立する片務・無償・諾成契約です。 目的物を譲り渡す人を「贈与者」といい譲り受ける人を「受贈者」といいます。

書面によらない贈与

贈与契約は売買契約と同じで口頭でも成立します。書面で贈与契約しなかった場合,当事者はその贈与契約を撤回することができます。しかし,履行が終わった部分については撤回することができなくなります。例をあげると,動産なら引渡しがあった場合,不動産なら登記または引渡しがあったときはその履行した贈与を取り消せなくなります。

書面による贈与

書面による贈与は民法550条の反対解釈から原則として撤回することができないことになります。真の贈与契約なら書面にしておいた方が良いでしょう。後の紛争を予防する観点から贈与契約書には,対象物を正確詳細に記載することをお勧めします。

贈与者の担保責任

贈与者は,贈与の目的である物や権利の瑕疵または不存在について,受贈者に告げなかったとき以外はその責任を負うことがありません。例えば,抵当権付の不動産を贈与した場合で抵当権が付いていることを告げなかった場合は責任を負いますが,告げても受贈者が承諾した場合は贈与者に担保責任はありません。

ページの先頭へ