トップ > 抵当権抹消登記 > 様々な贈与契約の類型

相続登記

様々な贈与契約の類型

様々な贈与契約の類型

定期贈与

贈与者が受贈者に対し定期的に物等を給付することを約束する贈与契約のことをいいます。この定期贈与は,特に定めがない場合,贈与者又は受贈者の死亡によって失効することになります。この定期贈与は,贈与者がある受贈者に着目して無償で贈与すると約束した契約であり当事者の個人的な関係が強い契約なので相続人に相続させるべきではないと考えるからです。

負担付贈与

受贈者が贈与者に対して,ある程度負担する贈与契約のことをいいます。通常の贈与契約は対価性のない無償契約なので贈与者が贈与物の瑕疵について善意なら担保責任を負いませんが,負担付贈与についてはその負担の限度において贈与者は売買契約の売主と同じく担保責任を負うことになります。その他,その性質に反しない限り売買契約に関する規定が準用されます。

死因贈与

贈与者が死亡したときに効力が生ずることを条件とする贈与契約をいいます。遺贈と似てますが,一方的な遺贈と違い原則として贈与者の生前に当事者間の契約があることが遺贈とは異なります。遺贈とよく似ていることから遺贈に関する規定が準用される。

ページの先頭へ